読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8/12  プノンペン2日目 ポルポトの狂気 キリングフィールドとS21をめぐる

 

f:id:jattgta:20170207215855j:plain

 

プノンペン2日目

f:id:jattgta:20170207220148j:plain

トゥクトゥクバイクタクシーの運転手の声がけがしつこいので、自分の中の危険センサーが反応し、小汚い格好で外出することにする。よれよれの白いシャツに泥で汚れをつける。やはり誰も声をかけてこない。声をかけてきてもすぐに興味をなくす。朝一番にゲストハウスで翌日のシェリムアップへのバスの予約をし、セントラルマーケット近くの、日本人相手の旅行代理店でアンコール遺跡のツアーの予約をする。

旅行会社を出たところで待ち伏せしていたトゥクトゥクのドライバーに声をかけられる。一日貸切りで25ドルで話がまとまる。(たぶん交渉で負けています)

f:id:jattgta:20170207221305j:plain

f:id:jattgta:20170207221452j:plain

f:id:jattgta:20170207221555j:plain

激しい貧富の差、信号待ちをしているときは子供の物乞いがやってきます。

www.youtube.com

トゥクトゥクで20分ぐらいでキリングフィールドへ。

 

ポルポトの狂気については下のサイトをご覧ください。

http://fusigi.jp/works/works_8_d.html

f:id:jattgta:20170207222818j:plain

外国人は入り口で現金を払い各国の音声ガイドを貸してもらえます。

地面がへこんでいるのは、遺体を掘り起こしたからです。

f:id:jattgta:20170207223242j:plain

f:id:jattgta:20170207223635j:plain

被害者の骨や衣服はまだ残る。豪雨が地面を拭うからです。

f:id:jattgta:20170207224109j:plain

f:id:jattgta:20170207224306j:plain

この木で、人々はのどを切られました。

f:id:jattgta:20170207224601j:plain

乳児たちはこの木に打ちつけられました。

f:id:jattgta:20170207224734j:plain

f:id:jattgta:20170207224924j:plain

この木にはスピーカーが備え付けられ、革命の歌が大音量で流され、人々は愚かな歌を聞かされながら、無念の死を迎えました。

 

私はポルポトの手下達は、理念もなく、希望もなく、ただ人殺しや虐待が好きなだけだったんだと思います。大昔の話ではありません。歴史から見ればごく最近の出来事なのです。そしてポルポトを裁判にかけることをできずに、ポルポト亡くなりました。私はポルポト死去のニュースを昼のNHKのニュースで聞きました。大虐殺の被害者の死を悔しがり、追悼すろことが彼らの魂が安らかになることができると思います。

 

続いてカンボジア市内にあるトゥールスレン収容所へ

f:id:jattgta:20170207231021j:plain

学校を収容所にをして利用していました。拷問用の水がめもあります。

f:id:jattgta:20170207231430j:plain

f:id:jattgta:20170207231530j:plain

f:id:jattgta:20170207231617j:plain収容者たちは拷問にかけらて、虐殺されました。

f:id:jattgta:20170207231836j:plain

f:id:jattgta:20170207231903j:plain

この狭い部屋で拷問を待つ屈辱はいかほどだったのだろうか、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/11 ホーチミンからプノンペンへ

 

f:id:jattgta:20170206211546j:plain

プノンペンへ出発。ベトナムカンボジアは人の往来も激しく。バスも頻繁に出ています。行くのは簡単ですが日本人はビザを取得しなければいけません。バス会社で代行もしてくれますが、もちろん日本で取得することもできます。私はE=visaを利用しました。入国審査官にもよりますが、ワイロを要求されたり、トラブルもあります。またベトナムは20年前まで内戦があったため一般社会にも銃が多く出回っています。貧富の差も激しく治安も悪いです。一瞬たりとも気を抜けません。

 

上記写真はベトナムのイミグレーションです。バスに積んである荷物の検品もあるためかなりの時間がかかりました。カンボジアの入国は指紋を取られます。

 

カンボジアに入国しました。レストランに立ち寄って昼食になります。(バス会社と契約してるレストラン)ここでベトナムドンをすべてカンボジアキープに換金します。

換金率は恐ろしく悪いと思いますが、ここしかないから我慢します。

f:id:jattgta:20170206212605j:plain

f:id:jattgta:20170206213107j:plain

f:id:jattgta:20170206213220j:plain

ホーチミンを9時に出発して16時には首都プノンペンには到着です。

f:id:jattgta:20170206213416j:plain

f:id:jattgta:20170206213611j:plain 

カンボジアにはタクシーがありません(2015年の話、2017年現在は不明)バスを降りたらトゥクトゥクとゲストハウスの客引きがひどくてうんざり。バスの降り口で待ち構えています。国際バスはどこで降ろされるか分からないので難儀します。たまたま近くにスタジアムがあったので、自分がどこにいるのか分かりました。iphoneのコンパス機能がこんなに使えると思いませんでした。また東南アジアは交通マナーを悪いので交通事故に細心の注意を払い、絶対事故はもらってはいけません。17時ごろゲストハウス到着、。日本で日常使っている服装で歩いたため、くそみそに声かけられました。

 

f:id:jattgta:20170206215012j:plain

f:id:jattgta:20170206215120j:plain

近くの富裕層向けのデパートで食事。

その後ビールを飲んで早めに就寝しました。一泊500円の安宿だったので、クーラーもがなく、かなりきつかったです。

 

8/10 クチトンネル 戦争記念館

 

 

f:id:jattgta:20170206184443j:plain

ベトナムの大手旅行代理店シンツーリストで半日のクチトンネルツアーに参加。

日本語のガイドがつくコースもありますが、料金的に高いので英語のガイドがつくコースに参加。私はホーチミン市の中心地のゲストハウスを利用したのですが、この辺りには、旅行代理店、カンボジアでのバス会社、バックパッカー向けのゲストハウスが集中しています。(住所はホーチミン市246-248です)エキスペディアやBooking.comで、宿泊施設を探す方はご参加ください。

 

安いツアーにおなじみの、お土産屋をまわらせれるイベントつきです。

f:id:jattgta:20170206190526j:plain

f:id:jattgta:20170206190939j:plain

f:id:jattgta:20170206191140j:plain

この後、工場からお土産屋に移動しますが、写真撮影は禁止されているので、記録がありません。ここのお土産屋がそうだとは言いませんが。お土産屋で、商品を手にとって落として、高額な費用を請求されたり、それ以外にも悪質な業者もいるそうです。

不用意に商品に手をとらない。背中に背負ったリュックに気をつける。保険にしっかり入っておく。お気をつけください。

 

さて、ホーチミン市を出発し2時間ぐらいでクチトンネルに到着です。ツアー参加者は30人くらい。日本人は私だけです。欧米人5割、アジア人5割といったところでしょうか?

f:id:jattgta:20170206192204j:plain

ベトナム戦争に勝った側(現在の共産党)が使っていたまずプロパガンダビデオを見せられます。

f:id:jattgta:20170206192929j:plain

このページはひたすらクチトンネルの写真が続きますので、

あまり興味がない方はskipお願いします。

 

水溜り

f:id:jattgta:20170206193318j:plain

と、思いきやこれは米軍の爆弾の後、長い年月を経てまだこれだけの深さがあります。

f:id:jattgta:20170206193652j:plain

ここには何があるでしょうか?

f:id:jattgta:20170206193811j:plain

f:id:jattgta:20170206193842j:plain

f:id:jattgta:20170206194208j:plain

f:id:jattgta:20170206194300j:plain

f:id:jattgta:20170206194340j:plain

希望者はトライです。

f:id:jattgta:20170206194453j:plainベトコンのバンブートラップ

f:id:jattgta:20170206194829j:plain

f:id:jattgta:20170206195118j:plain

希望者はトライです。

アメリカ人は見ていて辛いかも。

f:id:jattgta:20170206195248j:plain

この穴からもべトコンは出てきます。

f:id:jattgta:20170206195425j:plain

当時のべトコンの様子。

f:id:jattgta:20170206195601j:plain

f:id:jattgta:20170206195815j:plain

f:id:jattgta:20170206200001j:plain人数限定で実際に射撃もできます。日本人で拳銃ぶっ放したい方はぜひ。

f:id:jattgta:20170206200132j:plain

観光客用に整備されたクチトンネルに入ってみます。希望者のみです。体の硬い方、心臓の悪い方、閉所恐怖症の方はお勧めできません。

f:id:jattgta:20170206200550j:plain

f:id:jattgta:20170206200956j:plain

f:id:jattgta:20170206201124j:plain

f:id:jattgta:20170206201238j:plain

実際のクチトンネルは、ほふく前進して進むものだったらしいです。

f:id:jattgta:20170206201459j:plain

f:id:jattgta:20170206201708j:plain

f:id:jattgta:20170206201800j:plain

当時の兵士たちが食べていたタロイモとサトウキビが試食できます。

f:id:jattgta:20170206202309j:plain

f:id:jattgta:20170206202359j:plain

f:id:jattgta:20170206203823j:plain

甘くてとてもおいしかったです。13時ごろにはホーチミン市に戻れます。シンツーリストはメコン川デルタ等個人では行くのが難しいツアーを扱っていますのお勧めします

 

午後からは戦争記念館に行ってきました。

f:id:jattgta:20170206204306j:plain

先のクチトンネルを攻略するために、枯葉剤ベトナムの国土にまかれました。若い方は知らない方も多いと思いますが、私世代は「ベドちゃん、ドクちゃん」を知っている方も思います。戦勝国のプロパガンダで、これでもかというくらい、南ベトナム政権、アメリカの残虐性を非難しています。

f:id:jattgta:20170206205117j:plain

f:id:jattgta:20170206205247j:plain

f:id:jattgta:20170206205346j:plain

f:id:jattgta:20170206205501j:plain

外には、南北の政権が使った平気が展示されています。

f:id:jattgta:20170206205917j:plain

f:id:jattgta:20170206205950j:plain

f:id:jattgta:20170206210238j:plain

f:id:jattgta:20170206210452j:plain明日は、カンボジアへ出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/9 ホーチミンへ 統一会堂

 

f:id:jattgta:20170206112835j:plain

フエからホーチミンへ。鉄道のチケットは予約できず、バスもきつかったので飛行機を使ってしまいました。ホーチミンはマイリンタクシー以外、トラブルが多いとのことなので、注意してください。宿で早めのチェックインをして統一会堂へ。

f:id:jattgta:20170206114727j:plain

ここはベトナム戦争の終結の象徴である、歴史の舞台です。南ベトナムの親米政権の大統領府なので、大統領執務室、レセプションルームなどを見ることができます。地下にはベトナム戦争当時のコマンドルームを見ることができます。このページは写真がひたすら続きます。

諸外国とのレセプションルーム

f:id:jattgta:20170206120538j:plain

f:id:jattgta:20170206120731j:plain

f:id:jattgta:20170206120857j:plain

屋上より、目の前の道路から戦車が統一会堂に突入し、ベトナム戦争は終結しました。

f:id:jattgta:20170206120954j:plain

f:id:jattgta:20170206121715j:plain

f:id:jattgta:20170206121746j:plain

f:id:jattgta:20170206122337j:plain当時の厨房も再現されています。

地下は、当時の南ベトナム政府の司令部となっていました。

f:id:jattgta:20170206122937j:plain

f:id:jattgta:20170206123017j:plain

f:id:jattgta:20170206123243j:plain

f:id:jattgta:20170206123319j:plain

ラオスにも米軍の基地があり、ラオスの人々も巻き込まれました。

f:id:jattgta:20170206123432j:plain

 

f:id:jattgta:20170206123815j:plain

f:id:jattgta:20170206123854j:plain

f:id:jattgta:20170206124311j:plain

f:id:jattgta:20170206124353j:plain興味のある方は、何時間みてても飽きないと思います。

 

 

 

 

 

 

8/8 パラダイスケイブ

 

 

f:id:jattgta:20170206084706j:plain

ベトナム中部にある世界遺産の洞窟に。朝8時にホテルの前までピックアップに来てくれます。個人の力でいくには限界があるので、現地のツアーに申し込みましょう。日本円で4000円ぐらい。40人くらい参加者で、ベトナム人7割、欧米人2割。日本人は私と現地に駐在している方が2名参加されていました。

f:id:jattgta:20170206094139j:plain

昼ごろ到着。お楽しみの昼食。

f:id:jattgta:20170206095133j:plain

昼食後、フォンニャ洞窟に行くメンバーとパラダイス洞窟に別れます。パラダイス洞窟に行くメンバーは6名。パラダイス洞窟組はまたバスに乗って移動。

 

私は2015年にいったのですが、それより前の旅行体験記をみると、観光しやすいように歩道が整備されているのがわかります。

f:id:jattgta:20170206100102j:plain

案内、ガイダンスを受けます。もちろんベトナム語なのでわかりません

f:id:jattgta:20170206100459j:plain

今回のガイドさん。英語も堪能で、ひとしきり英語で説明した後は、

「Do you understand?」とニヤっと笑ってきます。ほぼ毎日フエと洞窟を往復してるそうです。この小さな入り口のお国広大な世界が広がっています。

f:id:jattgta:20170206100704j:plain

 

f:id:jattgta:20170206100848j:plain

 

f:id:jattgta:20170206110328j:plain

f:id:jattgta:20170206110732j:plain

f:id:jattgta:20170206105508j:plain

洞窟内部は老若男女が歩けるように、ウッドデッキが整備されています。

f:id:jattgta:20170206105624j:plain歩いていける洞窟の最深部がここで。ここからさらに、奥までいく特別なツアーがありますが、朝8時に現地集合という高いハードルがあるので残念。

帰りは渋滞に巻き込まれますのでかなり遅れます。

 

この後、ツアー一緒になった現地のNGOで働く女性と夕食をご一緒させていたました。

f:id:jattgta:20170206111242j:plain

とても楽しい一日でした。

 

 

 

 

 

 

8/7 古都フエ

 

f:id:jattgta:20170206014206j:plain

今回のバックパッカー旅行4カ国めのベトナム。昨日は深夜で、糞ベトナム人に恐喝未遂にあったり散々でした。気を取り直して観光を楽しもうと思いました。

 

f:id:jattgta:20170206080530j:plain

私の泊まったホテルです。到着したときすでに閉まっていて、会談に座り込んでいたら、ホテルのスタッフの人が「たまたま」通りがかって中に入れてもらいました。

観光前に明後日の、ホーチミンへの電車のチケットと翌日のホンニャcaveのツアーを申し込む。f:id:jattgta:20170206081040j:plain

ホテル朝食これで38000ドン、(旅行時のレートで223円ぐらい)

 

歩いてフエの王宮まで行くことにしました。

f:id:jattgta:20170206081421j:plain

バイク、がすごすぎて道路を渡るのが大変。

東南アジアで交通事故にあっても、もちろん日本のような医療を受けられることはありません。

 

王宮に到着

f:id:jattgta:20170206082127j:plain

f:id:jattgta:20170206082220j:plain

f:id:jattgta:20170206082413j:plain

f:id:jattgta:20170206082922j:plain

f:id:jattgta:20170206083013j:plain

フエの王宮の詳しい説明は、ガイドブックを参照されたし。

 

D21 地球の歩き方 ベトナム 2016~2017 (地球の歩き方D21)

D21 地球の歩き方 ベトナム 2016~2017 (地球の歩き方D21)

 

 

 

 

午後からはフエの街を歩いてみる。ベトナムの経済発展のスピードに驚くばかり。

f:id:jattgta:20170206083638j:plain

f:id:jattgta:20170206083709j:plain

f:id:jattgta:20170206083802j:plain

f:id:jattgta:20170206083943j:plain

8/6 ラオスからベトナムへ 後編

 

f:id:jattgta:20170206004132j:plain

ラオスの国境のイミグレーション、ラオスの公務員達が出勤するのを待つ。山岳地帯なので国境なんてあってないようなもの。入国、出国という手続きが必要なだけなのだ。

f:id:jattgta:20170206004947j:plain

f:id:jattgta:20170206005059j:plain

f:id:jattgta:20170206005219j:plain

 

ラオスの入国審査官が出勤して出国審査も終了。イミグレーションは写真撮影が禁止されてるのでご了承ください。

f:id:jattgta:20170206005854j:plain

歩いてベトナムのイミグレーションに進みます。

f:id:jattgta:20170206010027j:plain

左側の建物がベトナム、ナムカーンのイミグレーション。写真右側の建物で飲食物の購入、トイレ、レストランの利用、両替ができます。私は後で両替すればいいと思っていたのですが、この後、フエに到着するまで、両替の機会はありませんでした。ラオスからベトナムにバスで行く私のような変わり者はここで両替することをおすすめします。

また、バックパッカーの先輩のサイトを拝見すると、たまに入国拒否の事例もあるそうです。(このイミグレーションですら体温を測る機械、サーモグラフィーがあります)海外旅行は、常に最悪の事態を想定することが必要ですね。(ベトナムは性に対して厳しいので日本人が週刊誌を持ち込んだら、ヘアヌード写真のページがあり、罰金刑という事案もあります)

 

さて日も高くなり、平野をバスはフエを目指して南下しています。

f:id:jattgta:20170206011632j:plain

f:id:jattgta:20170206011734j:plain

途中バスが速度超過で、警察に捕まりましたが、運転手が警察官に現金とビールを渡して一件落着。win-winの関係ですね。

f:id:jattgta:20170206012140j:plain

深夜になって、フエに到着。バスターミナルで下ろされる。

f:id:jattgta:20170206012246j:plainターミナルではゲストハウスの客引きが待ち構えていてうんざり。例によって方向感覚がまったく分りません。市内を目指して、てくてく歩く。途中ホンダガールがたくさん話しかけてきてくれました。僕がベトナム語が使えたら、みんなと素敵な時間を過ごせたのに、、。途中、恐喝にあいましたが、大きな声ですごんだら、バイクで逃げてきました。ただ外国なのでこの行動は正しかったとはいえません。予約した宿を見つけてなんとかチェックイン。ビールを飲んで過酷な一日を終えました。